人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

農作物の販売需要予測サービス「アグリアスエ」2023年4月から提供 NTTデータ関西2022年11月9日

一覧へ

NTTデータ関西は、農産物直売所に特化した需要予測の新サービス「アグリアスエ」を2023年4月から提供する。

農産物直売所と提携生産者(農家)のアグリアスエ利用イメージ農産物直売所と提携生産者(農家)のアグリアスエ利用イメージ

「アグリアスエ」は、独自のAIエンジンにより農産物直売所の客数を予測し、最適な販売価格・数量の決定を支援。他の汎用的な需要予測サービスとは一線を画した業務特化型のサービスで、農作物の売り切れによる機会損失と売れ残りに伴う廃棄を極小化し、「農産物直売所の価値向上」と「提携する生産者の所得向上」につなげる。

今後は、全国の農産物直売所および道の駅への導入をめざし、提携生産者も含め、顧客ロイヤルティ向上を支援するサービスも予定している。

農産物直売所の多くは生産者からの委託販売が中心。委託する生産者は、出荷当日に最も食べ頃の農作物を収穫し、提携する農産物直売所へ出荷しているが、その日の天候や客足により農作物の売れ残りによる廃棄や売り切れによる機会損失が発生している。

こうした現状をふまえ、多くの農産物直売所には、(1)消費者の客数や販売見込み数量の予測、(2)提携する生産者へ農作物別の販売見込み数量や価格に関するタイムリーな情報提供および共有、(3)複数店舗を運営している場合に各店舗で販売する農作物の数量の最適化、などの共通課題があった。

「アグリアスエ」の主な機能「アグリアスエ」の主な機能

「アグリアスエ」は、独自のAIエンジンにより全国の農産物直売所向けの需要を予測。農産物直売所はアグリアスエの利用を申し込み、提携する生産者の両者で利用できる。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る