野菜・果物 ニュース詳細

2015.09.01 
好きな野菜7年連続で1位「トマト」 タキイ種苗一覧へ

 タキイ種苗は、やさいの日(8月31日)を記念して、野菜と家庭菜園に関する調査を行い、その結果を8月27日に公表した。好きな野菜は7年連続で「トマト」が1位。

◆野菜「好き」8割超える

中玉トマト『フルティカ』 野菜を好きと答えたのは「大好き」、「どちらかといえば好き」と回答した人を合わせて88.3%だった。性別では男性よりも女性のほうが野菜を好きだと答える人が多かった。好きな野菜ではトマトが21.7%で7年連続で1位、2位はジャガイモで9.2%だった。トマトは女性からの支持が多いのに対し、ジャガイモは男性からの支持が多かった。
 野菜を好きな理由は「健康に良いと思うから」が70.6%、「おいしいから」が69.6%、「栄養があると思うから」が67.2%で、健康と栄養を理由にあげる傾向が高くなっている。
 嫌いな野菜では4年ぶりにゴーヤが11.3%で1位、3年連続で1位だったセロリは11.0%で2位だった。また3位は、好きな野菜1位に上げられていたトマト。
 野菜が嫌いな理由として、「おいしくないから」が78.6%で1位。他の「香りや形が気に入らないから」等の理由を大きく引き離してのトップとなった。
 子どもが好きな野菜は23.9%で1位がトマト、次にジャガイモで10.6%となった。子どもの好きな野菜の推移を2012年からみると、トマトは減少傾向に、ジャガイモは上昇傾向にある。また、子どもが嫌いな野菜では、1位がピーマン、2位がゴーヤ、3位はトマトとなっている。


◆「機能性成分を豊富に含む野菜」認知進む

 機能性成分を豊富に含んだ野菜を「知っていた」と答えたのは21.2%で、2013年では16.5%だったことから年々認知が進んでいることがわかる。また自身の生活に機能性成分を豊富に含む野菜を取り入れたいと考えている人は78.0%だった。
 こうした野菜に期待することは6割強の人が「健康な体」だった。実際に食べたことがあるかという問いでは、「(食べたことが)ある」と答えた人が35.4%で、昨年度に比べ17.4ポイント上昇している。
 「従来より約2倍のリコピンが含まれるミニトマトがあったとき、従来品種(100円と仮定)に比べどの程度の価格であれば購入するか」という問いに対して、「150円くらいまで」と答えた人が19.7%、次が「価格が上昇する場合は購入しない」が18.8%で、その後、「110円くらいまで」、「120円くらいまで」と続いた。
 野菜を食べたり買ったりする際に大切にしていることは「新鮮であること」が66.2%で1位。次が「価格の安さ」で47.7%だった。
 現在の食生活で野菜が十分に取れていないことについて、「特に問題を感じない」や「やや問題だが今すぐ食生活変えるつもりはない」と考えている人が半数を超え、野菜が取れていないことに対して問題と捉えていない人が多いことが分かった。


◆家庭菜園やめる理由「時間的余裕ない」が1位

 自宅や市民農場など含めた場所で野菜を作った経験のある人は45.0%だったが、現在家庭菜園をしていると答えた人は、26.8%。家庭菜園を現在はやめてしまった人の理由は「時間的な余裕がなくなったから」が43.1%だった。
 家庭菜園で作っている野菜はトマトが一番多く74.8%、次がキュウリで41.5%、ナスが39.3%だった。この3つの野菜は家庭菜園で作られる野菜のトップとして2011年から変わっていない。また、家庭菜園で作りたいと思う野菜ではトマトが1位だった。

 これはタキイ種苗が、全国20歳以上の農業関連従事者を除いた男女600人を対象にインターネットで調査を行ったもの。

(写真)中玉トマト『フルティカ』

(関連記事)

好きな漬物トップはきゅうり タキイが調査 (15.07.17

朝食と朝の飲み物調査 タキイ種苗 (15.05.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ