野菜・果物 ニュース詳細

2018.11.22 
埼玉県の魅力発信「ブロッコリーキャッチャー」 (株)東洋一覧へ

 (株)東洋は、経営しているクレーンゲーム設置台数がギネス世界記録に認定されている「世界一のゲームセンターエブリデイ行田店(埼玉県行田市)」で、埼玉魅力発信クレーンゲーム「ブロッコリーキャッチャー」を、11月27日「ブロッコリーの日」に合わせ、本稼動開始する。

埼玉県の魅力発信「ブロッコリーキャッチャー」 2018年10月の「ブランド調査2018 魅力度47都道府県ランキング」では埼玉県は43位の結果となり、また昨年は44位と、下位ランキングの常連になっている。
 そこで、まだ知られていない埼玉県の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いから、埼玉魅力発信キャッチャーが誕生した。
 埼玉県は深谷ネギが有名だが、実はブロッコリーも作付面積が全国第1位、生産量全国第3位と、県を代表する冬野菜である。また、晴天率第1位でもある埼玉県の冬ブロッコリーは日光を十分に浴びておいしく育つ。
 これまでエブリデイ行田店では、行田市の名産「十万石まんじゅう」や、草加市の名産「草加せんべい」など、埼玉ゆかりの物を景品にした埼玉魅力発信キャッチャーを登場させてきた。

 

 第8弾となる今回は、ブロッコリーをテーマにした「ブロッコリーキャッチャー」。担当者は「埼玉県産の生のブロッコリーを景品にしたかったが、衛生上の観点や、鮮度管理の問題などがあった為、お菓子感覚で食べられるブロッコリーチップスを代用しました。ブロッコリーキャッチャーを通して、埼玉にもこんな魅力があるんだと気軽に知ってもらい、ブロッコリーのおいしさも手軽に味わって欲しい」と話した。
 また、台にもこだわっており、景品を置く部分には畑のうねの写真を貼り、ブロッコリー畑を再現した。また、アームの部分を手の形にして軍手をはめ、ブロッコリーの収穫気分を味わえる台になっている。
 11月27日「ブロッコリーの日」に合わせ、エブリデイ行田店で稼動開始する。

 

(関連記事)
【JA新代表に聞く】第3回 根本作左衛門・JA稲敷代表理事組合長(18.06.28)
【須藤 正敏・JA東京中央会会長に聞く】新たな都市農業をめざして(18.06.11)
厳寒期向きブロッコリー登場 サカタのタネが種子発売(16.04.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ