左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大阪北部地震建更受付件数2万6171件 JA共済連2018年7月20日

一覧へ

 JA共済連は、大阪府北部を震源とした地震による7月18日現在の建物更生共済の損害調査状況についてまとめた。

 これによると建物更生共済の事故受付件数は、2万6171件となっている。被災家屋の損害状況を直接調査する担当者(損害調査担当者)を被災した府県域だけではなくその他の県本部から派遣する広域査定体制を構築し、延べ673人を超える担当者で損害調査を実施、18日時点で損害調査が終了している契約件数は1万7900件となっている。
 府県別にみると大阪府2万2592件(1万5577件)、京都府1736件(1075件)、兵庫県1586件(1086件)、その他5県で257件(162件)となっている。( )は損害調査終了件数。
 JA共済連では、18日時点の共済金総支払額について約300億円を見込んでいる。

(関連記事)
平成30年7月豪雨損害状況 JA共済連(18.07.20)
被災水田も水田活用交付金の対象-豪雨被害支援対策(18.07.17)
西日本豪雨 農林水産関係被害 530億円(18.07.17)
農林水産被害 232億円に-7月豪雨(18.07.13)
平成30年7月豪雨で特別相談窓口を設置 日本公庫(18.07.12)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
クミアイ化学右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る