Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

プラスチック問題解決へ向けシナリー社に出資 農林中金2020年7月29日

一覧へ

農林中央⾦庫は、植物性の残渣由来のプラスチック原料の製造・販売に取り組むグレンカル・シナリー(株)に対し、「F&A(Food and Agri)成⻑産業化出資枠」を通じて出資したと発表した。

りんご粕を活用したバイオプラスチック製品りんご粕を活用したバイオプラスチック製品

シナリー社は、独⾃の乾燥技術「レドックスマスター技術」を⽤い、⻘果加⼯等の過程で発⽣する植物性残渣から、バイオマスプラスチック原料を製造するスタートアップ企業。今回、同⾦庫を含む6社は、乾燥機の現物出資を含む総額2億100万円を出資し、シナリー社を設⽴した。

今回調達した資機材・資⾦を活⽤し、残渣処理ニーズを抱える企業や循環型社会実現に取り組む企業との協業を始める。

シナリー社は、植物性残渣を主原料とし、従来より⾼品質・低コストなバイオマスプラスチック原料を製造し市場に提供していく。植物性残渣の有効利⽤を進めるとともに、化⽯燃料由来のプラスチックからの代替を促進することで、脱化⽯燃料や温室効果ガスの排出削減を加速し、気候変動問題の解決に貢献していく。

同⾦庫は、気候変動問題を農林⽔産業に負の影響を与える環境課題と認識しており、今回の出資は課題解決に挑戦する顧客を⽀援する。また、同⾦庫の使命である農林⽔産業の発展に貢献するものと考えている。

同金庫は今後も、農林⽔産業や地域社会、そして事業活動が持続可能なものとなるよう、投融資などの事業活動を通じてSDGsの実現をはじめとするサステナブル経営を推進していく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る