米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.05.21 
「予約登録米」受付スタート パルシステム一覧へ

 パルシステム生協連合会は5月20日から、指定の銘柄を1年間定期的に届ける「予約登録米」の受付を開始した。

 予約登録米の多くは、安全性と環境保全にこだわるパルシステム独自の基準で栽培されている。安心・安全な米が定期的に自宅に届く(4週間に1度、または2週間に1度)だけでなく、年間を通じて購入することで環境保全型の農業を営む産地の地域活性にもつながる。
 「予約登録米」は、全国的な冷害による深刻な米不足を受けて、1995年にスタートした。田植え前の段階で産地と1年間の契約を結び、登録分を優先的に届ける。阪神大震災のさいも、物流が寸断されるなか、登録組合員全員に米を供給できたという。
 毎年、利用者は増加しており、2012年の登録者数は18万3119人と、7年間で3倍に増えている。

予約登録米の登録者推移 パルシステム
(関連記事)

未使用タオルで酪農家応援 パルシステム(2013.05.20)

「被災地の新しい『明日』カンパ」に1800万円(2013.05.16)

野菜料理のレシピ集を発売 パルシステム(2013.05.08)

商品利用通じ8880万円を復興支援に(2013.04.11)

鶏卵の飼料用米配合20%以上に パルシステム(2013.04.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ