米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.12.10 
26年産米 全国作況101一覧へ

 農林水産省は12月5日、26年産水陸稲の収穫量を公表した。全国の作況指数は101で確定した。

 26年産水稲の作柄は、北海道から関東・東山では全もみ数が総じて多かったことから作柄がおおむね平年並み以上になった。一方、東海以西では日照不足・低温や一部地域での病害虫等の影響で全もみ数と登熟が平年を下回った。
 これらの結果、全国の10aあたり収量は536kgで作況指数は101となった。水稲の作付面積(子実用)は157万3000haで収穫量は843万5000tとなった。前年産対比では98%。また、このうちの主食用作付面積は147万4000haで収穫量は788万2000tと見込まれる。
 26年産水稲の被害状況は、被害量59万4500tで種類別では日照不足が40%ともっとも多く、次いでいもち病(17%)、風水害(13%)となっている。
 ふるい目別重量分布について全国平均でみると、1.85mmのふるい目より下に選別される玄米重量割合は4.2%と見込まれている。これは過去5カ年平均値とくらべて0.4%多くなっている。
 なお、陸稲の作付面積(子実用)は1410ha(前年産対比82%)で収穫量は3630t(同85%)となった。


(関連記事)

米価水準、上昇の見通し 米取引関係者(2014.12.10)

14万t減の751万tに 27年産米生産数量目標(2014.12.10)

1等米比率82% 26年産米(10月末現在)(2014.11.21)

米生産者に利子補給を実施 -農林中金が特別対策-(2014.11.19)

26年産米緊急対策融資の窓口設置 日本公庫(2014.11.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ