米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.10.30 
会津産厳選コシヒカリ「Aiz's-Rice」販売開始 会津若松市とJA会津よつば一覧へ

 会津若松市農政課は10月26日、東京都の料亭つきぢ田村にて会津の新ブランド米「Aiz’s-Rice」(アイヅ ライス)の記者発表会を行った。

「Aiz's-Rice」のパッケージ

(写真)「Aiz's-Rice」のパッケージ

 

室井照平会津若松市長 開会の挨拶で「あいづの厳選米生産推進協議会」会長の室井照平会津若松市長は、「生産・流通・販売一体となって事業を推進していきたい。消費者の方々に、日頃食べる米として選んでもらえたら嬉しい。」と述べた。また、このほか米集荷業者代表として、岩橋直芳JA会津よつば常務理事、同協議会生産部会の長谷川光雄氏らが挨拶を述べた。

(写真)室井照平会津若松市長

 

 

 

岩橋直芳JA会津よつば常務理事 「Aiz's-Rice」は、福島県の特別栽培ガイドラインに沿った減農薬・減化学肥料栽培米で、平成元年に「特A」のランクが創設された「食味ランキング」において、29年間中22回、平成25年から5年連続で「特A」に位置づけられている会津産コシヒカリの中でも食味値80点以上(81点~90点・平均85.4点)だけの厳選米だ。食味は大粒でもちもちふっくらとした甘みがある。

(写真)岩橋直芳JA会津よつば常務理事

 

 

あいづの厳選米生産推進協議会生産部会の長谷川光雄氏 特長的な点は、会津清酒の酒粕を発酵堆肥とすることだ。貞享元年(1684年)に書かれた「会津農書」に記された伝統的な農法による新ブランド米として、今回初めて収穫ができたという。
 今年の収量は約30tの見込みだが、来年は倍増を目指すという。高価でも売れるトップブランド米として県内や首都圏への売り込みを強め、販路拡大を目指す。

(写真)あいづの厳選米生産推進協議会生産部会の長谷川光雄氏

 

 

 

Aiz's-Rice概要は下記の通り。「Aiz's-Rice」のパッケージ
■ブランド名
「Aiz's-Rice」(アイヅ ライス)

 

■Aiz's-Riceの要件
1、会津産コシヒカリ1等米
2、高い食味値(平均85.4点)
3、特別栽培米又は特別栽培ガイドラインに沿った栽培
4、会津若松市内の酒造会社の酒粕を発酵堆肥化した肥料を土づくりに使用した栽培

 

■平成30年度生産者及び作付面積
会津若松市内の個人・法人11経営体、作付面積は約5ha
※次年度以降は需要に対応して作付面積を拡大予定。

 

■販売開始日
平成30年10月26日(金)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ