JAの活動 ニュース詳細

2014.12.22 
「地方創生」テーマに公開研究会 JA-IT研が2月一覧へ

 全国のJAや連合会を会員としてJAの営農経済事業改革を考えるJA-IT研究会(代表:今村奈良臣・東京大学名誉教授)は2月6、7日、東京・大手町のJAビルで第39回公開研究会を開く。

 今回のテーマは「地方創生に向けてJAの戦略を磨く」。
 研究会では、政府が政策として掲げている「地方創生」を、「農山村の選別・切り捨て策か、株価や公共事業のおこぼれに期待する類の政策であり、地域に明るい展望をもたらすものではない」と批判し、これまで地域づくりの拠点として重要な役割を果たしてきたJAが、今こそ「地域に根ざした協同組合という原点に立ち返り、地域再生の拠りどころとして比類ない役割を果たす」べきだとして、今回のテーマを決めた。
 研究会では全国のJAや全国町村会など4件の事例報告を行う。
 プログラム、申込方法など詳しくはJA-IT研究会ホームページで。参加申込締切りは1月30日。

【研究会概要】
JA-IT研究会第39回公開研究会「地方創生に向けてJAの戦略を磨く」
○日時:2月6日(金)13:00〜7日(土)12:00
○会場:JAビル27階(東京・大手町)
○参加費:会員1万2000円、非会員1万7000円(いずれも交流懇親会費込)
○主なプログラム(敬称略)
◎司会 松岡公明(農林年金理事長)

◎2月6日
▽問題提起「地方創生」を担う地域協同組合としてのJAの役割―当事者意識とエンパワーメント 松岡公明
▽第1報告「地域の創造力の発揮とJA―中山間地域の実態を踏まえながら」坂本誠(全国町村会総務部調査室室長)
▽第2報告「源流から地域連携を考える―水・緑・食を支えるJA営農経済事業」河合勝正(JA愛知東組合長)
▽コメント 黒澤賢治(JA-IT研究会副代表委員)

◎2月7日
▽第3報告「JAネットワーク十勝の新たな展開―縦のネットワーク・横のネットワークによるJA間事業連携と人材育成」鱈場尊(JAネットワーク十勝事務局長、十勝農協連企画室室長)
▽第4報告「職員全員参加で実践する地域貢献活動」JAなんすん
▽コメント 仲野隆三(JA-IT研究会副代表委員)
▽質疑応答


(関連記事)

組合員組織づくり方策探る JA人づくり研(2014.12.17)

営農経済事業の改革へ 地域の実態に合わせ工夫を JA-IT研究会(2014.11.19)

地域・健康づくりで意見交換 新世紀JA研究会(2014.10.20)

地域農業システムづくりへ、JAの役割とは(2013.12.06)

JA-IT研、「地域農業戦略」で公開研究会(2013.06.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ