想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

営農管理システム「Z-GIS」機能強化 「天晴れ」との連携サービスも JA全農2020年4月22日

一覧へ

JA全農は営農管理システム「Z-GIS」の機能強化として、国際航業が提供する人工衛星リモートセンシングによる作物診断サービス「天晴れ(あっぱれ)」との連携サービスを4月1日に開始した。

Z-GISはインターネット上の電子地図とMicrosoft Excelのワークシートを結びつけたGIS(地理情報システム)で、土地所有者や作付け品目・品種、生産履歴など、圃場に関する情報管理の効率化を目指して、平成30年4月にリリースした。
天晴れは人工衛星で撮影した画像をもとに、水稲、小麦、大麦、大豆、牧草を対象に、葉色や水分含量、タンパク含量等の解析が可能で、JAにおける営農指導等に活用されている。(営農支援サービス「天晴れ(あっぱれ)」の詳細)

Z-GISと天晴れが連携することで、天晴れ単体での利用に比べ診断依頼が簡便化されるとともに、診断結果をZ-GIS上で表示することが可能となり、他の圃場情報と併せて、よりきめ細やかな営農管理が可能となる。
JA全農は「Z-GIS」と「天晴れ」の連携マニュアルをホームページ上で公開し、今年度は農業現場においてJA等による本サービスの利活用を進める。今後も会員の要望などに基づいた機能強化をはかることで、Z-GISの利便性向上を目指すとしている。

・連携マニュアル「Z-GISを用いたリモートセンシング作物診断マニュアル」
・ダウンロード先:https://z-gis.net/99/usage/index.html

【問い合わせ先】
JA全農 耕種総合対策部 スマート農業推進室
担当:小宮山、大武、渡邊まで TEL:03-6271-8274
Email:zz_zk_smart@zennoh.or.jp

「Z-GIS」と「天晴れ」の連携イメージ
「Z-GIS」と「天晴れ」の連携イメージ

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る