想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

Z-GIS普及へ全農が県本部にテレビ説明会 活用法や新機能を共有2020年9月4日

一覧へ

JA全農スマート農業推進室は9月2日、県域担当者や事業所職員105人と中央本部をネットでつないだ第1回 Z-GISテレビ説明会を東京・大手町のJAビルで開催した。普及状況や推進資材、この半年間で行ったバージョンアップに関する説明に加え、今後の開発計画や2つの県本部における活用事例の報告もあり、事務作業の省力化や効率化に同システムが不可欠との思いを参加者全員で共有した。

進行役を務める平野幸教スマート農業推進室長進行役を務める平野幸教スマート農業推進室長

開会冒頭、新型コロナウイルスの感染影響で苦労した全国の普及担当者を労った平野幸教室長は、そうした中でもZ-GISが順調に普及している状況を指摘。3月4日時点で約500件だった会員数(ID数)は、8月19日現在955件にまで伸びており、「およそ半年で倍増した」(同室長)と述べた。

利用が多い地域は北海道22.2%、関東甲信越17.4%、東北15.3%などで、利用者の大半(83%)が農家・農業法人。残り17%はJA・特別会員となっている。

今回、新たに追加されたのは関数計算ができる機能で、今までできなかったZ-GIS上でのセル関数の計算が可能になった。

その他、ドローンや人工衛星とZ-GISを連携させてほ場の管理を容易にするリモートセンシング機能や、情報共有に役立つ「親子機能」についての説明も行った。

また、近くユーザーへのアンケートを実施する予定にも触れ、現場での活用法や活用目的を問いながら、以後の普及活動につなげていく考えが示された。

一方、現場報告を行ったのは新潟と山口の両県本部。8月末現在、75IDを獲得したとした新潟県本部は、Z-GISへの入力の手間を課題に挙げ、連合会職員が現場に出向いて入力作業などを手伝っていることが改善点だと指摘した。

アグリ南すおう(株)での活用事例を紹介した中国四国営農資材所山口推進課は、全農が提供するポリゴンデータと農家・耕地情報管理システムデータを紐づけし、全会員法人のほ場管理台帳を作成したと報告。毎年の作付け計画を転記することで作業の省略化・入力ミスの軽減を図ることができたと話すとともに、「今後は土壌診断でも活用していく」との意向を示した。

今後の開発計画は主に3点で、そのうちの一つがザルビオフィールドマネージャーとの連携だ。ザルビオフィールドマネージャーは栽培履歴や気象情報などをAIで解析し、最適な防除や施肥のタイミング、最適な資材を推奨するもので、ザルビオの予測結果などをZ-GISで編集・見える化する。

残り2つは「肥効予測機能の追加」と「GPSロガー機能」で、それらの開発にも着手予定だ。

【JA全農】

(関連記事)

Z-GIS公式HP

Z-GIS普及 多収米栽培など取扱目標以上を達成-JA全農令和元年度実績

Z-GIS・Z-BFM操作研修会を開催 JA全農

Z-GISのサービスをグレードアップ、BASFのザルビオと来春連携ーJA全農

営農管理システムZ-GIS 情報共有機能を追加 JA全農

営農管理システム「Z-GIS」機能強化 「天晴れ」との連携サービスも JA全農

【JA全農事業計画】Z-GISなど新技術活用で生産基盤強化-営農・生産資材事業

Z-GISが人工衛星リモートセンシングサービスと連携 JA全農

「Z-GIS」と「あい作」サービス連携スタート JA全農

Z-GIS・新機能やシステム連携も追加 JA全農が県域担当者TV研修会

全農 Z-GIS、アピネス/アグリインフォの機能強化を発表

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る