想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:JAアクセラレーターがめざすもの

未来志向で農業の課題解決へ-JAアクセラレーター第2期成果発表会(2)2020年11月17日

一覧へ

成果発表会2

◆粉末化で野菜不足解消とロス削減

野菜の粉砕技術を開発し「VegeMe」として消費者への販売をめざす(株)グリーンエース。50種類のレシピを開発し、オンラインのカウンセリングでユーザーにぴったりの野菜粉末を提供する。野菜不足が叫ばれる日本人だが、わが国は200万tもの野菜を廃棄している。「未利用のものを消費者に届け産地振興にも貢献したい」と石川慎之祐代表取締役社長は話す。全農のニッポンエール製品への使用が検討されている。
山崎理事長は「SDGsにも沿う事業。全農との協業も含め大いに期待したい」と話した。

(株)グリーンエース・石川慎之祐代表取締役社長greenase 石川慎之祐代表取締役社長

(紹介記事)
野菜の粉砕技術で廃棄ゼロめざす

◆手押し車の電動化で作業負担軽減

一輪車に補助動力をつけるキット「E-cat kit」を開発した(株)CuboRex。寺嶋瑞仁代表取締役は和歌山県の出身。急傾斜地でのみかん収穫作業の体験から負担や危険を軽減する機器の必要性を考えた。JAありだの営農センターで10月から販売している。本年度400台を目標。キットとして売り出すのは「農家自身が欲しいものを自分で作る社会にしたいため」。作業がラクになれば農業への新規参入希望者のハードルが下がると期待する。山崎理事長は「安定したクオリティとリーズナブルな価格で全国普及を期待したい」と話した。

(株)CuboRex 寺嶋瑞仁代表取締役(株)CuboRex 寺嶋瑞仁代表取締役

(紹介記事)
手押し車の電動化で労力軽減

◆人の魅力で体験型観光

myProduct(株)は、地域に住む農業者や職人などの魅力をもとに体験型の観光プランを作り、その予約決済システムを開発した。地方と都市の新しい接点をつくることを掲げる。小山翔代表取締役は「農業は日本の誇れる観光資源。そのポテンシャルを引き出していきたい」と話す。農協観光と「農泊」で連携して今後も事業を展開する。山崎理事長は「現場の農協などと連携し、農業の魅力を発信し地方創生の取り組みを」と期待した。

myProduct(株) 小山翔代表取締役myProduct(株) 小山翔代表取締役

(紹介記事)
農家や職人 生き方、こだわりを地域資源に


◆栽培管理アプリで農業のDX

(株)AGRIHUBはスマホで農薬散布回数などが記録できるアプリ「AGRIHUB」を開発した。伊藤彰一代表取締役社長は東京の農家。個人農家が手書きしないで済む農業日誌としてこのアプリを開発した。現在、9000人が使用している。
JA全農のZ-GISとも連携しサービスを提供している。栽培履歴と農地情報が蓄積されることになる。目標は30万ユーザーを獲得し、契約栽培や海外進出などで日本の農業界全体の基幹システムとなることをめざす。山崎理事長は「アプリの普及で生産者とJAを結び、農薬などの出荷管理システムを変革しようという取り組み。デジタルプラットホーム構築にも貢献してほしい」と述べた。

アグリハブ 伊藤彰一CEOアグリハブ 伊藤彰一CEO


(紹介記事)
日本の農業基幹システムめざす

JA全農 山﨑周二理事長JA全農 山崎周二理事長



◆広い世界で連携を

全体の講評で山崎理事長はスタートアップ企業に伴走者として助言や支援したJAグループ職員に対して「自分たちのビジネスを見つめ直し、広い世界と多くの人と連携、協業するきっかけとしてほしい」と呼びかけた。閉会のあいさつで農林中央金庫の奥和登理事長はコロナ禍でもオンラインで多くの人とつながって成果を挙げているとして「確実にアグリトランスフォーメーションは始まっている」と話した。

農林中央金庫 奥和登理事長農林中央金庫 奥和登理事長

成果発表会の様子(動画)


※山崎周二理事長の「崎」の字は本来異体字です。


未来志向で農業の課題解決へ-JAアクセラレーター第2期成果発表会(1)

成果発表会1

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る