農政 ニュース詳細

2013.10.24 
「TPPは瑞穂の国を守る手段」安倍首相一覧へ

 安倍首相は10月24日の参議院予算委員会で「日本は瑞穂の国。この麗しい国をしっかり守っていくために、その手段としてTPPがあるんだと申し上げたい」と答弁した。

 また、農業について「農業は国の基で中核的な産業だろうと思う。今後、若い皆さんが自分たちの情熱と能力で新たな地平線を切り拓くことができる分野にしていきたい」と話した。山田俊男参議院議員からのTPP交渉に臨む基本姿勢に対する質問に答えた。
 委員会で山田議員は市場アクセス交渉に向け、なぜ品目の検証を行うのかを政府に質した。甘利明TPP担当大臣は「政府側としてタリフラインを子細に検討することを広範に始めたということではない」と答弁したが、いまだに市場アクセスは残されている分野で「まさにこれから本格化していく」として、「自分のところは一歩も譲らないがお前のところは寄こせ、という交渉は成り立たない」として、品目の検証を進めていく姿勢を示した。


(関連記事)

【TPP】「ISDSは救済措置」政府は積極的 (13.10.24)

政府・党一体で公約実現方針確立を 自民議連 (2013.10.17)

【TPP】市場アクセス、国別交渉は進展なし(13.10.15)

【TPP】11月中旬に党内意見を集約 自民党 (13.10.11)

TPPで全国集会 3000人が現場の怒り訴える(2013.10.10)

TPP対抗軸の構築を 協同組合学会がシンポ(2013.10.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ