左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米・野菜価格引き続き低下 農産物価格指数2014年12月26日

一覧へ

 農水省は12月25日、平成26年11月の農業物価指数(22年基準)を公表した。

 農産物価格は前月からは2.4ポイント上がったが、前年同月比では13ポイント下がり、93.3だった。
 米が前月からさらに2ポイント下がり前年同月比17.7ポイントと大きく低下して84.1、野菜も前月から5ポイント下がり同32.1ポイント低下し78.6と落ち込んだが、畜産物が前月比2.2ポイント上がり123.5、果実が同29.8ポイント上がり81.8などと、前月に比べて指数を上げた。
 一方、農業生産資材の価格指数は110.7で、前月に比べて0.2ポイント下がったが、前年同月比では3.2上がった。飼料が前月比0.2ポイント下げ122.1となったが、畜産用動物が同2.8上がり134.3、肥料が同0.2上がり108.7など、おもな区分は引き続き前年同月を上回り、指数も110?130ほどの高い数値となっている。

11月の農業物価指数


(関連記事)

農業総産出額8兆4668億円0.7%減 (14.12.17)

肥育豚生産費5.4%アップ 農水省 (14.12.03)

子牛生産費3.6%増 農水省 (14.12.03)

牛乳生産費2.1%増加 農水省 (14.12.03)

農産物価格指数91.1 米・野菜大きく低下 (14.12.02)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る