農政 ニュース詳細

2015.01.26 
鳥獣被害199億円 前年比13%減一覧へ

 農水省は1月23日、平成25年度の野生鳥獣による農作物被害の全国被害状況をまとめた。

 被害金額は199億円で、前年度比31億円(13%)減、被害面積は7万9000haで同1万8000ha(
19%)減、被害量は63万tで同6万8000t減だった。
 被害額の内訳では、約8割が獣害で、2割が鳥害。獣種別でトップはシカで、鳥獣害全体の38%にあたる75億5500万円だったが、前年に比べて6億5500万円減った。被害面積は48.3ha、被害量は538.5tだった。
 獣種別で2位以下は、イノシシ54億9100万円(28%)、カラス18億1100万円(9%)、サル13億1500万円(7%)、カモ4億8400万円(2%)となっている。獣種別で前年5位だったネズミは、被害額が6億円以上減り7000万円にとどまった。

野生鳥獣による農作物被害金額の推移


(関連記事)

【JA 人と事業2014】青山吉和・JA静岡市代表理事組合長 「部農会」活性化へ支援(2014.12.05)

「ジビエ肉」また食べたいが8割強(2014.04.08)

鳥獣被害1%増、230億円 ネズミ害急増(2014.02.17)

地域一体でサル被害軽減 鳥獣害対策表彰(2014.02.05)

ALSOKが鳥獣被害防止事業に参入(2013.08.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ