左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

環境保全型農業 取り組み増える 農水省まとめ2015年3月26日

一覧へ

 農林水産省は1月末時点の環境保全型農業直接支払交付金の取り組み状況(見込み)をまとめ3月5日に公表した。

 環境保全型農業直接支払交付金は化学肥料と化学合成農薬を原則5割以上低減することとあわせ、地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動をセットで行っている取り組みを支援している。
 26年度は1月末現在で取組件数1万6528件、取組面積6万1542haの見込みとなった。25年度より1287件、1万428ha増えた。
 支援対象となる取組は▽カバークロップ(緑肥等の作付け)、▽たい肥の施用、▽有機農業、▽地域特認取組(地域の環境や農業実態を勘案したうえで、地域を限定して支援の対象とする)があるが、地域特認取組が35%ともっとも多い。
 また、作物別に環境保全型農業の取組をみると、水稲が69%ともっとも多く次いで麦・豆類11%となっている。

 

(関連記事)

改革新たなステージへ 全国大会に向け徹底した議論を(2015.03.13)

BG無洗米で「地球環境大賞 環境大臣賞」受賞(2015.03.02)

農水大臣賞に庄内産直ネットワークなど(2015.02.06)

農家の省力化と売上増に貢献 石灰窒素工業会(2015.01.09)

【現地ルポ・JA佐渡】朱鷺と共生する郷づくりをめざして(2015.01.09)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る