左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

グローバルGAP取得を支援 アグロ カネショウ2018年2月13日

一覧へ

 アグロ カネショウ(株)は、農業ベンチャーの(株)ファーム・アライアンス・マネジメントと業務提携し、ファーム・アライアンス社が有するグローバルGAP認証取得業務や生産情報管理システムを活用した新たなサービスを提供することを2月9日明らかにした。

 アグロ カネショウ社は「どこまでも農家とともに」をモットーに現場密着型の農薬の技術普及活動と販売を行っており、3年前開始した農業生産をサポートするための土壌診断サービスは順調に拡大しているという。さらに今回は、国内農業の強化・発展に貢献するため、農業ベンチャーであるファームアライアンス社と業務提携を図ることで、ファームアライアンス社のグローバルGAP認証取得支援と生産情報管理のためのシステムを活用した生産者向けの新たなサービスの提供を行うことにした。
 「グローバルGAPの導入は、真の日本品質を国際的に訴求するものであり、次世代を担う生産者の育成にもつなげていきたい」と同社では考えている。
 ファームアライアンス社は、農産物の生産流通における国際認証の取得支援と農業ICTを活用した生産情報管理システムを提供する農業ベンチャーで、規模拡大や農業経営の合理化について高い専門性を有している。同社が開発したシステムは、国際認証の取得支援に加えて、クラウドコンピューティングを用いて営農管理、栽培管理表の自動作成、二次元バーコードをつかった消費者への情報発信など、農業経営におけるあらゆる場面に活用できる。国内農業者の経営品質向上にも多くの実績があるという。2012 年には、グローバルGAPが主催するコンペティションで「第1回G.A.P. Award in Madrid」を受賞している。

 

(関連記事)
コウノトリ育むお米がグローバルGAP取得 JAたじま(18.01.30)
サツマイモを北米に 焼き芋戦略拡大(18.01.22)
五所川原農林高校の挑戦 日本の農業を世界につなげる(前半)(17.10.31)
線虫防除剤「ネマキック粒剤」適用拡大(17.02.24)
ジャガイモシロシストセンチュウへの農薬登録取得 土壌くん蒸剤「D-D剤」(16.10.06)
土壌消毒のポイント 効率的な土壌消毒で連作障害を回避(下)(16.06.30)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る