農政 ニュース詳細

2018.08.24 
JAも重視 地方こそ成長の主役-石破氏が政策発表一覧へ

 自民党総裁選挙への出馬を表明している石破茂衆議院議員は8月24日、国会内で地方創生政策を基本政策とすることを明らかにし、地域マネジメント制度を創設してJAや地域のNPOなどの役割を重視する考えを強調した。

記者会見する石破氏(写真)記者会見する石破氏

 

 石破氏は「大都市や大企業の経済成長の果実を地方や中小企業に波及させるという言葉が骨太方針のなかにあるが、私はそのような考え方はとらない」と安倍政権との違い示し、「地方や中小企業が果実を生み出す。そういう考え方こそ肝要だ」と強調した。
 具体的な政策では市町村合併で地域のマネジメント力が落ちているとして地域マネジメント制度の創設を提唱。JAやNPO法人などの役割を発揮してもらう仕組みとする考えも示した。
 「一人は万人のために万人は一人のためにという協同の精神は地域のマネジメントにこそ活かされる。典型例は佐久総合病院やその地域のJAの取り組み。総合農協であればこそできる。まさしく協同の精神に立脚した地域マネジメントとJAは親和性が高い」、「地域に雇用と所得を生み出すJAのさらなる働きをJA精神にのっとって深化していきたい」などと語った。
 農業政策では特区の活用や輸出の促進なども考えたほか、地方の教育重視などの考えも示した。

 

(関連記事)
【インタビュー・石破茂・自民党衆議院議員に聞く】農業の潜在力がこの国を創る(17.12.08)
【インタビュー・石破茂・前地方創生担当相(元農相)に聴く】農協は地域を担う 役割もっと発揮を(上)(16.12.19)
農政にもっと「地域政策」を 石破地方創生大臣(15.04.22)
【インタビュー・竹下亘・「地域農林水産業」振興議連会長】「田舎」守る政治実現へ(18.03.29)
【座談会・与党議員に聞く】食料自給は国の責務 「田舎」守る政治を(1)(18.07.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ