農政 ニュース詳細

2018.12.06 
通販サイト「FMマルシェ」で復興支援 FM愛媛一覧へ

 7月の西日本豪雨被害を受けた愛媛県内の被災者を支援するプロジェクトを(株)FM愛媛が企画。売上金の一部は愛媛県を通じ寄付される。

 西日本豪雨による愛媛県の農業被害は11市8町1万6894件に及んだ。名産の「みかん」など柑橘の施設は、土砂災害による被害が多く復旧には時間がかかる見通しだ。また林業や水産業に関する被害があった場所も現在復旧作業中となっている。
 FM愛媛は地元の1日も早い復興を願い、公式サイト内で愛媛県産品を長期的に販売し売上金の一部を義援金として寄付する活動を始めた。
 販売されている商品は被災した農家のもので、今後バリエーションを増やしていく予定。「宇和島の無農薬栽培有機JAS取得みかんジュース」は、甘味料や添加物などを一切加えず100%ストレートジュースでみかんそのものの味が楽しめる。価格は1本1080円(税込)。
 ほかにも「旬の柑橘詰め合わせセット」などがあり、時期によって詰め合わせ品種が変わり毎月違った味が楽しめる商品だ。1月はポンカン、伊予柑、はれひめ、レモン他から旬のものが予定されている。価格は5キロが2860円(税込)。
 FMマルシェ、商品についてなど詳しくは愛媛の通販 FMマルシェをご覧ください。

 

(関連記事)
JA全農 中四国広域物流センターが稼動(18.12.04)
東京で「愛媛県就農フェア」(18.10.11)
災害復旧で即戦力を急募 愛媛県(18.08.28)
【西日本豪雨被災地ルポ】本格復旧はこれから  後片付けに追われる(18.08.28)
西日本豪雨の爪痕、各地で生々しく 農業被害の実態把握に懸命(18.07.27)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ