農政 ニュース詳細

2018.12.07 
都府県の春植えばれいしょ 収穫量、都府県で3%増 農水省統計一覧へ

 農水省は平成30年産春植えばれいしょの都府県作付面積は前年並み、収穫量・出荷量はともに前年を上回ったと12月6日、公表した。

春植えばれいしょの作付面積、収穫量及び出荷量(都府県)

 都府県の作付面積は2万3300haで前年産より100ha増加した。10aあたりの収量も2060kgで前年から50kg増加。収穫量は48万1100tで、前年産と比べて1万4600t多く、出荷量も30万1800tで前年産より1万4700t増加した。
 都道府県別の収穫量の割合は鹿児島県が8万3600t(17%)、長崎県が7万2000t(15%)、茨城県が4万6200t(10%)で、この3県が都府県のおよそ40%を占めた。

平成30年産春植えばれいしょの作付面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(都府県)

 

(関連記事)
ポテチ用ばれいしょ生産回復へ(17.05.15)
「疫病」・「べと病」に卓越した効果 新規殺菌剤「デュポンゾーベックエニケード」上市 デュポン(16.04.22)
スイートコーン新品種も! 続「サカタフェア2016横浜」(16.01.14)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ