農政 ニュース詳細

2019.08.05 
五感を使った40イベントを用意 「こども霞が関見学デー」農水省一覧へ

 「こども霞が関見学デー」は、文部科学省をはじめとした府省庁などが連携して、業務説明や省内見学などを行うことにより、親子のふれあいを深め、子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とするとともに、府省庁などの施策への理解を深めてもらうことを目的とし、平成12年度から開催されている。
 農林水産省では、自由研究など、夏休みの学習に役立つよう、五感を使う体験型イベントを職員自らが企画・運営する。

 農林水産省「こども霞が関見学デー」の開催概要は次のとおり。

◆開催日時・場所
〇日時 8月7日(水)および8日(木)の10時〜16時
〇場所 農林水産省本省内 
 ▽8階(5会場)
 ▽7階(講堂<主会場>ほか5会場)
 ▽3階(大臣室、記者会見室)
 ▽1階(消費者の部屋ほか2会場)
 ▽本館南口玄関前駐車スペース(復興支援マルシェ会場)(詳細別掲
 ▽地下1階(1会場)

◆入場券=こども旅券
 参加者は、正面玄関ほかの受付で配布される、各省庁共通の「霞が関こども旅券」、農林水産省のイベントガイドなどを受け取って入場する。
 「こども旅券」を提示すれば、開催期間中は各省庁の会場へ出入り可能。

◆今年度の注目イベント
 今年度の特色は、農林水産省では、単なる展示にとどまらず、真珠を使ったアクセサリーや木のストローの作成、プチ農業体験など五感を使ったものを中心に合計40イベントを準備している。
 詳細案内および事前申し込みなどについては、農林水産省のホームページの「こども霞が関見学デー」を参照。


(関連記事)
こども霞が関見学デー 復興支援マルシェも同時開催 農水省(19.08.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ