Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

盛山正仁 自由民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月14日

一覧へ

盛山正仁 衆議院議員盛山正仁 衆議院議員

○盛山正仁
○自由民主党 国会対策副委員長
○衆議院議員
○選挙区:兵庫県1区
○出身地:大阪府大阪市

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
(1)ワクチン接種の問題点と今後の課題
相当程度進展したが、国県市の連携がスムーズではない。
情報の共有、課題の把握と対応について改善すべきである。

(2)医療体制の問題点と今後の課題
今回のような緊急時における医療体制のあり方、特に行政と医療機関の協力体制についての見直しが必要である。民間の医療関係者に対する協力要請の制度を検討すべきである。

(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)への補償
今春の新型インフルエンザ特措法改正時に過料等が設けられなかったが
緊急時においては必要であると考える。行動規制に対しては「補償」とは異なると思料するが、これ迄よりも手厚い支援策が必要だと思う。

(4)検査体制の拡充について
検査体制は昨年から格段に整備されたが、国民がもっと手軽に検査できるよう、検査ロボットの活用を含め拡充すべきである。

【2】今後のコロナ対策についての提案
現在の政府の組織は担当大臣が多すぎて、責任体制が不明確である。
コロナ等の感染症や危機管理に対応する組織を新設して、担当大臣を設け、権限等を集中すべきである。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
安全保障についても、今回の新型コロナについても、国民が危機意識をより高める必要がある。共産主義独裁が良いとは全く考えないが、国民の命を守らなければならない緊急時においては国から地方公共団体、関係団体等に対する命令系統を検討し、必要な法整備をすべきである。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る