人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

農政:今こそ 食料自給「国消 国産」 いかそう 人と大地

【食と農への思い 校長先生100人に聞きました】宮崎県 小林市立小林小学校2022年10月26日

一覧へ

【食と農への思いと農業者へのメッセージ】
小林市立小林小学校 吉井秀一校長

<Q>学校では農業と地域の農産物の大切さをどう教えていますか? その特徴や狙いなどもお願いします。

稲づくり体験、学校給食での地産地消(生産者の紹介、時には生産者を学校に招いて話をしてもらい、一緒に食べてもらう)
宮崎県や小林市の農業に関わる新聞記事の紹介(毎日「小林小ニュース」として昼休みに放送)

<Q>これからの日本の農業についてご意見があればお聞かせください。

生産までで終わっていた農業から、加工して売るところまで考えているのが農業の姿として当たり前になってきている。日本全体を一大産業と見たて、つくる、加工する、売るがすべて回り切る企業ベースの考えができる人材が求められていると思う。

<Q>現場の農業者へのメッセージをお願いします。

「うちの子は農業継がせるから、農業だけ分かっちょればいい」のではなく、農業人こそ一流の頭が必要な時代。子どもの得意を伸ばし、工業系、商業系でも一流の人材となるよう学力をつけることを大切にしてほしい。

農業の大切さ どう伝える

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る