左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

灰色かび病、菌核病に効果「ケンジャ(R)フロアブル」上市 石原バイオサイエンス2018年5月22日

一覧へ

 石原バイオサイエンス(株)は、5月22日に新規殺菌剤「ケンジャ(R)フロアブル」の販売を開始した。

ケンジャフロアブルのボトル 新規殺菌剤「ケンジャ(R)フロアブル」有効成分イソフェタミドは、石原産業(株)が独自に開発した、ミトコンドリア電子伝達系のコハク酸脱水素酵素を阻害する新規殺菌剤(SDHI剤)で、子のう菌類、不完全菌類、特に灰色かび病菌、菌核病に対する高い予防効果をもち、既存SDHI剤の耐性菌にも高い効果を示している。また、浸達性、残効性、耐雨性を有し、圃場において病原菌密度を低下させる効果があり、有用生物や天敵、適用作物に対する高い安全性を示すことから、IPM防除や、既存剤に対する耐性菌が発達したほ場でのローテーション防除の基幹剤として大きく貢献できると石原バイオサイエンスでは期待している。

ケンジャフロアブル(R)のロゴ

 さらに同社では、作物および適用病害の登録拡大を進めていき「より一層使い易い製品を目指して」いくとしている。
 また、石原産業は米国、カナダ、メキシコ、フランス、韓国で本剤の登録を取得、さらに、欧州各国、ブラジル、オセアニア、中国、台湾等、各地域でも積極的に開発・登録を進めていくことにしている。

 

(関連記事)
重要害虫を同時に防除「テッパン液剤」発売 石原バイオサイエンス(18.05.18)
新規農薬3剤の発売記念イベント開催へ 石原バイオサイエンス(株)(18.04.27)
飼料用とうもろこし専用除草剤「ブルーシアフロアブル」発売(17.03.02)
新規天敵製品「バンカーシート」などを上市 石原産業(16.12.06)
農産物の「日本ブランド」化に貢献 窪田 隆一 石原バイオサイエンス株式会社 代表取締役社長(16.05.27)
うどんこ病などに卓効 園芸用殺菌剤『ラミック顆粒水和剤』を発売 石原産業・日本曹達(16.04.13)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る