左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上げ前年上回る-7月の外食産業2017年9月4日

一覧へ

 (一社)日本フードサービス協会は7月の外食産業市場動向調査結果を8月25日に公表した。7月末には局地的な豪雨に見舞われたが売上げは前年を上回った。

 同協会のまとめでは、7月は九州北部豪雨をはじめ秋田県など日本海側で局地的な豪雨に見舞われたが、太平洋側ではおおむね晴れの日が続いたことから、全体では客足が伸びて売上げは103.0%と11か月連続で前年を上回った。
 業態別の概要は以下のとおり。
 ▽ファスト・フード=全体売上げは104.4%と前年を上回った。「洋風」は夏限定商品や他業種とのコラボキャンペーンが人気で売上げは104.4%。「和風」は健康志向のセットメニュー、定食メニューで客単価が上昇し104.0%。「めん類」は季節メニューが好調、店舗数増もあって107.8%、「持ち帰り米飯・回転寿司」は、価格が高めの商品を増やした回転寿司で客単価が上昇し101.1%、「その他」ではカレー店で昨年末の価格改定で引き続き客単価が上昇、103.0%となった。
 ▽ファミレス=売上げ全体は102.3%。「洋風」はディナー時間帯の集客が好調で102.6%、「和風」はウナギなど季節メニューが好調なところもあったが、店舗数減で97.9%と落ち込んだ。「中華」は会員カードキャンペーンなどの影響で103.6%、「焼肉」は肉の日(29日)イベント、夏メニューのPRで集客が伸び106.8%となった。
 そのほか「パブ・ビアホール」は暑い日が多かったことから101.5%、居酒屋は店舗減の影響で96.1%となった。

(関連記事)


売上げ10カ月連続で前年超 外食産業6月市場動向(17.07.28)


外食市場規模は25兆4169億円 日本フードサービス協会(17.07.11)


売上げ9か月連続で前年超 外食産業の5月市場動向(17.06.29)


中食・外食でも米 米が主食の食事が増える JC総研が米の消費行動調査(17.06.27)


ファーストフード堅調で6カ月連続で前年超 外食産業2月度実績(17.03.31)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る