左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上げ12カ月連続で前年超え 29年8月の外食産業市場動向2017年9月26日

一覧へ

 (一社)日本フードサービス協会は、会員会社を対象とした29年8月度の外食産業市場動向調査の集計結果をまとめた。

 8月は東京で21日間連続で降雨を記録するなど、東・北日本は日照時間が少なく低温の日が続き客足に影響を与えたが、各社のキャンペーン努力もあり、リオ五輪開催で外食需要が低調だった昨年と比べると客足は上回り、全体売上げは103.5%と12カ月連続で前年を上回った。業態別動向は以下の通り。


【ファーストフード】
 全体売上げは104.9%と依然として好調をキープしている。
 「洋風」は、地域対決キャンペーンなどのメニュー企画が奏功し売上げは108.0%。
 「和風」は朝食新メニューやセットメニューが好評で客単価が上昇(101.0%)し、売上げは101.4%となった。
 「麺類」は新夏メニューで集客が103.1%とアップし、店舗数増もあり売上げは105.1%と伸びた。
 「持ち帰り米飯・回転寿司」は店舗数減や天候不良で売上げは99.7%と前年に届かなかった。
 「その他」ではアイスクリームがアプリとのコラボで客数を伸ばし売上げは105.5%となった。


【ファミリーレストラン】
 102.1%と全体売上げは3カ月連続で前年を上回った。
 「洋風」は天候不順で客数は伸びなかったが、フェアやサイドメニューの販促で客単価が上がった店もあり売上げは101.5%となった。
 「和風」は繁忙期のお盆時期の雨で客足が伸びず売上げは98.9%と前年を下回った。
 「中華」は会員カードキャンペーンなどの効果で売上げは103.0%に。「焼き肉」は集客が好調で売上げが109.1%と前年を大きく上回った。


【パブ・居酒屋】
 「パブ・ビアホール」は、ビアガーデンなど季節店舗が天候不順の影響で不調だったが、サッカーなどスポーツイベントで集客した店もあり売上げが101.0%と前年をやや上回った。
 「居酒屋」は依然として店舗数減少の影響が強く売上げは98.7%となった。

【ディナーレストラン】
 首都圏などで気温の低い日が続いたことから、鉄板焼きなど温かいメニューが売れ、売上げは106.2%と前年を超えた。


【喫茶】
 客足は伸びなかったが、国産食材や増量を訴求した夏物ドリンクが好評で客単価を押し上げ売上げは102.2%となった。

(関連記事)


売上げ10カ月連続で前年超 外食産業6月市場動向(17.07.28)


外食市場規模は25兆4169億円 日本フードサービス協会(17.07.11)


売上げ9か月連続で前年超 外食産業の5月市場動向(17.06.29)


中食・外食でも米 米が主食の食事が増える JC総研が米の消費行動調査(17.06.27)


ファーストフード堅調で6カ月連続で前年超 外食産業2月度実績(17.03.31)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る