Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界初、カーネーションの遺伝子情報を解読2013年12月18日

一覧へ

農研機構、かずさDNA研究所など4団体が共同研究

 農研機構らの研究チームはカーネーションの全ゲノム解読に成功した。12月18日付で、インターネットなどで公開した。

 カーネーションはキク、バラと並び切り花の生産量が多い花きで、世界3大花きにも数えられている。日本では年間3.1億本(平成24年、切り花)が出荷されている。
 農研機構、公益財団法人かずさDNA研究所、東京農工大、サントリーグローバルイノベーションセンター(株)の4団体の共同研究は、新品種の育成や育種の効率化を図るため、日本でもっとも生産量の多いカーネーション品種「フランセスコ」のゲノム全体(6億2200万塩基対)の91%の解読に成功した。花きのゲノム情報の解読は世界で初めての成果だ。
 この結果、カーネーションには4万3000個の遺伝子があることがわかり、色素、香り、病害抵抗性、花もちなど、さまざまな形質に関わる遺伝子を解明した。
 この研究により、新しい花色や香りを持つ品種、病虫害に強い品種など新品種開発のスピードが飛躍的にあがるものと期待される。
 この研究成果はDNAReserchかずさDNA研究所データベースに掲載されている。


(関連記事)

蘭の育種工学ベンチャーに出資 サカタのタネ(2013.12.02)

多収イネ、光合成能力に貢献する遺伝子を特定(2013.08.29)

「コシヒカリ」で出穂早める遺伝子特定 生物研(2013.07.03)

25年度の委託プロジェクト決定 ゲノム研究など8件  農林水産技術会議(2013.01.24)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る