左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本産米の統一ロゴマーク開発2015年3月19日

一覧へ

オールジャパンで輸出拡大

 全日本コメ・コメ関連食品輸出促進協議会は3月13日、日本産米の統一ロゴマークを開発し発表した。同協議会は、今後も拡大が見込まれる世界の食市場に対して、オールジャパンの体制で高品質な日本産米・コメ関連食品の輸出促進活動の展開に力を入れる。

 13日に開いた統一ロゴマーク発表会で同協議会の木村良会長は「日本産米輸出拡大に向けた大きな第一歩と考えている」と述べ日本産米の輸出先トップ3の香港、シンガポール、台湾を重点に現地での店頭プロモーション活動などを展開していく考えを示した。
 協議会は昨年11月に設立。JA全農や複数のJAも会員になっているほか、米菓団体、酒造会社なども参加しており、現在68会員。
 林芳正農相も駆けつけあいさつ。
 「世界の食市場はアジアを中心に大きく拡大することが見込まれている。拡大する需要をどう取り込んでいくかが、日本の農林水産業、食品産業の発展のために不可欠。農林水産物の輸出は昨年は市場最高の6117億円と順調に推移し米も対前年38.6%増と着実な増加をしている。この旗印(=ロゴマーク)を海外にも広げていく後押しを積極的に行いたい。官民協力しながら2020年輸出額1兆円目標に向けてしっかりと取り組みを進めていきたい」などと述べた。
 ロゴマークを開発したクリエイティブディレクターの水野学氏は「日本のおいしい米づくりを富士山やしめ縄などのモチーフを用いて表現した。このマークが世界中で活躍してくれることを祈っています」と話した。
 キャッチコピーは「THIS IS JAPAN QUALITY 日本のおいしい米。」統一ロゴマークに付けられているQRコードから日本産米の魅力をPRする映像も提供される。映像は日本の美しい自然のなかで行われる米づくりを紹介した米編、高い精米技術を紹介した精米編、炊飯技術と多彩なごはん料理を紹介したごはん編、そして日本酒編の4本を用意した。
 同協会の米田実専務は「ロゴマークはそれぞれの精米や米関連商品のブランド名などと合わせて、シールとして張り幅広く利用してほしい」という。今後は幟やポップも準備、「他の国と区別を明確にした日本産米を現地でアピールしていきたい」などと話した。

(関連記事)

豊田通商がコメ事業参入(2015.01.26)

共同で年間1万tの米輸出 JA全農とクボタ(2015.01.21)

【農業改革、その狙いと背景】米輸出に「日本農業の希望」はない 大泉一貫氏の「稲作偏重農政」への反論  村田武・九州大学名誉教授、愛媛大学客員教授(2014.09.02)

【福島米 原発事故との闘い】風評被害を払拭 全袋検査 海外でも評価(2014.08.29)

【JA全農がめざすもの】第1回 米の販売戦略 岩城晴哉・JA全農常務理事インタビュー(2014.06.24)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る