左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

木質バイオマス発電事業へ出資 東北3生協など2014年9月25日

一覧へ

日本生協連と東北3生協

 日本生協連といわて生協、みやぎ生協、コープ東北サンネット事業連の4者は9月24日、日本紙パルプ商事(株)と新エネルギー開発(株)の共同出資事業会社の(株)野田バイオパワーJPへの出資を決めた。

s 日本生協連は、原発に頼らないエネルギー政策の実現と持続可能な社会をめざす立場から、全国7カ所の物流施設に太陽光発電設備を設置。さらに再生可能エネルギーの発電と利用を一体的にすすめるために、自家需要をまかなう新電力会社(PPS)(株)地球クラブを今年6月に設立している。
 今回の出資を通じて、地球クラブでは再生可能エネルギー電力の調達を行い、日本生協連事業所などへの供給を行う。また、東北の3生協も野田バイオパワーJPへの出資を通して電力事業に参加する。
 (株)野田バイオパワーJPの所在地は、岩手県九戸」群野田村。木質バイオマス発電・出力1万4000kw、年間総発電量9648万kwh(一般家庭約2万6800世帯の年間使用量に相当)。使用燃料は、未利用木材、樹皮、剪定枝、パームヤシの種殻など年間約14万トン。使用燃料の調達先は、野田村森林組合や岩手県内の森林組合および林業者となっている。発電開始は平成28年4月の予定。
 資本金は5億2000万円で、日本紙パルプ商事が70%、新エネルギー開発が20%、生協4者計10%(日本生協連9%、東北3生協計1%)の資本構成となっている。


(関連記事)

地域生協 2年ぶりに増収増益(2014.09.24)

ICAの連携・調査団が訪日(2014.09.02)

総供給高再び前年下回る 主要生協7月度供給高(2014.08.22)

地域の文化、暮らしを守る 協同組合の役割に期待する  星寛治・農民作家(2014.08.07)

宅配12カ月連続で前年超え 日本生協連(2014.07.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る