想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

和食会議が本格始動 普及・啓発に力2015年4月22日

一覧へ

 一般社団法人和食文化国民会議(略称:和食会議)が4月20日に総会と理事会を開き27年度事業計画を決め新法人として本格的な活動を開始した。

会長の熊倉功夫静岡文化芸術大学学長 和食会議は25年12月にユネスコ無形文化遺産に和食が登録されて以来、任意団体として保護・継承活動を進めてきたが、より公的責任を負うため法人化した。
 会長の熊倉功夫静岡文化芸術大学学長は「ユネスコの条約に基づく和食の保護・継承をきちんとモニタリングしていく唯一の公的機関としてやっていかなければならないことから、より公的な団体である一般社団法人に衣替えをした」と話し「和食とは何か、きちんと説明していく必要がある。それを通して日本人の持っている食文化を次代につないでいくことが必要だ」と話した。
 同会議は3つの部会で活動を行う。
 調査・研究部会(部会長:江原絢子・東京家政学院大名誉教授)は和食に関する国民意識の調査、和食ハンドブックの編集などを行う。
 普及・啓発部会(部会長:伏木亨・龍谷大農学部教授)は生産者、流通、外食産業、料理人など多岐にわたる会員の相互交流と和食の日(11月24日)などを契機に和食文化の魅力を発信する事業に取り組む。
 技・知恵部会(部会長:村田吉弘・日本料理アカデミー理事長)は地域のさまざまな食材と調理方法の発掘、紹介のほか、子どもたちに「だし」を伝える味覚教育にも取り組む。
 同会の会員は214名(4月17日)。法人、個人、団体の会員を募集している。

(写真)会長の熊倉功夫静岡文化芸術大学学長


(関連記事)

和食文化国民会議設立へ 和食会議を解散して (2014.12.09)

日本食の魅力でシンポ 農水省(2014.11.04)

日本全国こども料理サミット開催 農水省(2014.11.04)

秋田で「和食の魅力」伝えるシンポジウム(2014.10.01)

JA全農 和食で海外市場拡大(2014.09.19)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る