農政 ニュース詳細

2018.06.12 
カビ毒と食中毒菌のリスク管理技術で再公募一覧へ

・30年度農水省戦略的プロジェクト研究推進事業

 農林水産省は「平成30年度戦略的プロジェクト研究推進事業」の再公募を6月8日から開始し、その公募説明会を14日、同省内で午前10時から行う。

農水省30年度戦略的プロジェクト再公募のイメージ図 農水省は、農林水産政策上、重要な研究のうち、農林水産分野や関連分野の研究勢力を上げて取り組むべき課題について、戦略的プロジェクト研究推進事業を実施している。今回は2月に公募した同事業のうち、採択機関のなかった公募研究課題について再公募するもの。公募するのは「現場ニーズ対応型研究」。

 

 詳細は次の通り。
○研究事項:有害化学物質や微生物の動態解明によるリスク管理技術開発。
 ▽課題1:国産農産物中のカビ毒とカビ毒類縁体の動態解明および汚染防止と低減に関する研究
 ▽課題2:肉用鶏農場での食中毒菌(カンピロバクターおよびサルモネラ)の汚染リスクを低減するための研究
○公募期間:6月8日から7月3日午後5時まで
○応募要領:農林水産技術会議「平成30年度戦略的プロジェクト研究推進事業について
○問い合わせ先:同省農林水産技術会議事務局研究企画課
○TEL:03-3501-4609

 

(関連記事)
「ジャガイモ食中毒予防へ」 リーフレットを公開 農水省(18.01.30)
純国産パスタを実現する小麦新品種-農研機構(16.05.09)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ