左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コメ60kgあたり生産費 3.9%増-29年産2018年12月5日

一覧へ

 農林水産省は29年産の米生産費を公表した。個別経営では60kgあたり1万5147円(全算入生産費)で前年産にくらべて3.9%増加した。

主要費目の構成割合(10a当たり) 10aあたりの全算入生産費(資本利子・地代全額算入生産費)は、12万9337円で同0.2%減少した。うち物財費が7万8195円、労働費が3万5028円となっている。
 作付け規模別にみると、1~2ha=14万1676円(60kgあたり1万6884円)、3~5ha=12万594円(同1万4112円)、10~15ha=10万2306円(同1万1292円)、20~30ha=9万7012円(同1万893円)などとなっている。
 認定農業者がいる経営体では10aあたり11万2951円、60kgあたり1万2953円だった。うち15ha以上では10aあたり9万7503円、60kgあたり1万995円だった。
 農水省は飼料用米の生産費も算出している。それによると全算入生産費は10aあたりでは12万9150円、60kgあたりでは1万3740円となった。認定農業者がいる経営体のうち作付け15ha以上では、10aあたり9万7790円、60kgあたり1万400円だった。

作付規模別の全算入生産費(平成29年産、10a当たり)
 農水省は併せて組織法人経営での米生産費も公表している。
 それによると10aあたりの全算入生産費は10万520円で物財費は6万6198円、労働費は2万4251円だった。60kgあたりでは1万1851円だった。集計経営体数は52。1経営体あたりの作付面積は22.5ha。構成員数は25.3人となっている。

 

(関連記事)
「魚沼コシ」の誇り賭けて 「特A」奪還へ肥培管理徹底【駒形正樹・JA魚沼みなみ営農部長】(18.07.24)
機能を絞りモデル農機 「所有」から共同利用へ【冨田健司・JA全農生産資材部長】(18.06.27)
【クローズアップ】農業重視へ各国が政策転換(18.06.20)
米の生産費 60kgあたり5.2%減少-28年産(17.10.11)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る