Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:緊急企画:許すな!日本農業を売り渡す屈辱交渉

日本農業をトランプに蹂躙させてはならぬ【森田実 政治評論家・山東大学名誉教授】2018年10月1日

一覧へ

「この世の中に人間ほど凶悪な動物はいない。狼は共食いをしないが、人間は人間を生きながらにして丸呑みにする」(ガルーシュ)

 

 トランプはわがままで冷酷な政治権力者である。自分に従わない者は皆敵である。米国民がこの残酷な精神の持主を大統領に選んだことによって世界は大混乱に陥っている。トランプは中国とイランを敵視し紛争を仕掛けているわけでなく、全世界をトランプに従わせようと狂奔している。世界平和の危機である。
 この世界にはいろいろなタイプの政治権力者がいる。トランプとうまく付き合おうとする政治家もいれば、真正面からの対決をおそれない政治かもいる。中間派もいる。そのなかでわが国の安倍晋三総理はトランプに最も忠実なパートナーである。日本国民の多くは、安倍総理とトランプ大統領の親密な関係により、日本がトランプからひどいことをされることはいと思い込まされているが、日本にとってこれほどあぶないことはない。トランプを信じたら、日本のすべてがトランプに丸呑みにされてしまうと考えなければならない。トランプは危険な存在である。
 日米両国政府は首脳会談でTAG(物品貿易協定)の二国間交渉を始めることで合意した。安倍総理は「TAGはFTA(自由貿易協定)ではない」と言明したが、これは黒を白と言うに等しい詭弁である。安倍総理はトランプの要求を二段階に分けて受け入れたのであって、本質はFTAである。このままでは米韓FTAで韓国で起きたのと同じことが日本に起こることは避けられない。とくに農業は米国によって蹂躙されてしまうおそれ大である。
 日本とくに農業を守り抜くためには日本国民が目を覚まさなければならない。国民が政府にもの申す機会は選挙である。2019年春の統一地方選と夏の参院選がその機会となる。国民が安倍総理をきびしく批判すれば、トランプの日本丸呑みは阻止できる。もう一つある、その前に安倍内閣支持率を低下させる必要がある。世論の力でトランプ=安倍同盟の日本破壊をストップさせねばならない。



【TAGに対する緊急企画「許すな!農業を売り渡す屈辱交渉」のまとめページはこちら】

農は「いのち」の「生存条件」【内橋克人・経済評論家】

TPP11と日米TAG ダブルパンチで脅かされる食の安全【堤未果・国際ジャーナリスト】

TAGは「実質FTA」でなく「FTAそのもの」【鈴木宣弘・東京大学教授】

日本農業をトランプに蹂躙させてはならぬ【森田実 政治評論家・山東大学名誉教授】

日本一の和牛産地で 農家の意欲低下懸念【下小野田寛・JA鹿児島きもつき代表理事組合長】

自動車の盾として農業を売り渡す屈辱交渉は許されない【醍醐聰・東京大学名誉教授】

日本を標的にするトランプ大統領【孫崎享・評論家】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る