農政 特集詳細

特集:緊急企画:TPP11 12月30日発効-どうなる、どうする日本農業

2018.11.02 
【緊急特集:TPP11 12月30日発効】まとめページ一覧へ

 12月30日にTPP11が発効します。それに続けて日米FTA交渉が1月半ばに開始され、日本農業の「総自由化」時代が始まろうとしています。そうした中で「この国のかたち」をどう守り、日本農業をどうすればいいのか、を本日から緊急企画で考えていきます。多くの農業の現場指導者や識者の提言やご意見をいただき、このページに随時追加していきます。

◆党首・政策責任者に聞く

【公明党・石田祝稔政務調査会長に聞く】新自由主義的農政を正す

【森山裕・元農相に聞く】自由化過度に恐れず わが国農業守り抜く

【立憲民主党・枝野幸男代表に聞く】政権交代で危機的農政を打破

【社民党・吉川はじめ幹事長に聞く】地方議会から安倍農政をただす

【日本共産党・志位和夫委員長に聞く】自給率向上を突破口 亡国農政の大転換へ

【国民民主党・玉木雄一郎代表に聞く】SDGsと整合性ある 自由貿易体制づくりを

【総括】連続インタビューから学ぶべきもの(小松泰信・岡山大学大学院教授)1月8日更新!!

 

◆JAから

心ある国民はTPP11を歓迎しない【小林光浩 JA十和田おいらせ代表理事専務】

「ゆでガエル」化を危惧【高橋勇・JA浜中町参事】

日本の食は、世界を幸せにする!【下小野田寛・JA鹿児島きもつき代表理事組合長】

 

◆識者から

どうなる、どうする日本の国と農業【田代洋一横浜国立大学・大妻女子大学名誉教授】

虚妄の自由貿易原理主義で農業を荒廃させてはならない【醍醐聰・東京大学名誉教授】

国内農業を自動車輸出の犠牲にさせてはならない【村田武・九州大学名誉教授】

 

◆政治家から

農業は国づくりの基本 影響見極め、さらなる対策【山田俊男・参議院議員】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ