想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ロンドンに和食レストラン出店 JA全農2015年4月22日

一覧へ

 JA全農は、今年の秋、イギリスのロンドンに直営の和食レストランを出店する。ヨーロッパでは初めて。

 これまで全農グループは平成26年6月にEU諸国への牛肉輸出が始まってから、和牛の販売拡大に取り組んできた。和食レストランの出店はこの一環で、和牛をはじめとする日本の農畜産物の高い品質、おいしさ、安全性を、ヨーロッパの経済・文化の中心地から世界にアピールする。
 場所は各国大使館や高級ホテル、高級百貨店のあるメイフェア通りで、席数72席の大きさ。店内の照明には神聖な「火」をテーマとして神社仏閣や神輿の装飾を使い、壁や床には「水」と「木」をテーマとする素材を使って豊潤と温かみを表現する。
 全農の直営店としては香港、アメリカに次いで4店目だが、和食形態ではアメリカ・ロサンゼルスに次いで2店目。京都の老舗料亭「菊乃井」店主の村田吉弘氏、「デザインオフィス」代表の森田恭通氏の協力を得て、この秋開店する。


(関連記事)

和食会議が本格始動 普及・啓発に力 (2015.04.22)

JAと連携し資材費削減 JA全農 (2015.04.16)

JR大阪駅で「みのりみのるマルシェ」開催 JA全農 (2015.04.14)

下ゆで野菜発売 ファミマと共同開発 JA全農 (2015.04.13)

クボタと共同の米輸出開始 JA全農  (15.03.27)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る