左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

落札合計11万9000t-備蓄米入札 低調2018年6月22日

一覧へ

 農林水産省は6月20日、30年産政府備蓄米の第7回入札(6月19日実施)結果を公表した。

 落札数量は564tにとどまった。入札参加資格者122のうち、入札者は12だった。
 30年産米備蓄米は低調な入札となっており、7回までで11万9397tとなっている。政府は20万tを買い入れる予定で残り8万tを提示数量として第8回入札を6月28日に行う。

 

(関連記事)
【田代洋一・平成の農協合併を考える】会津はひとつ(2)(18.06.19)
水田農業「10aあたり」所得へ転換を-JAグループ(18.06.15)
主食用米作付け 前年並み34県-第2回中間的取組状況(18.06.05)
落札460t 備蓄米の政府買入入札(18.04.26)
【金子勝・立教大学大学院特任教授】安倍首相は何のために訪米したのか(18.04.23)
政府備蓄米11万t落札 買入れ予定は20万t(18.02.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る