JAの活動 ニュース詳細

2016.10.13 
「農業改革、猪突猛進で」vs「ワナにかからないように」-ジビエ料理で小泉氏と奥野会長ら応酬一覧へ

 東京・大手町のJAビル4Fの農業・農村ギャラリーで開催されている「恵みの大地 信州ジビエ×農産物」のパネル展示に、10月6日、自民党の小泉進次郎農林部会長が視察に訪れた。また、同日夜にはJAグループなど関係者による試食会が開かれ自民党のジビエ議連会長の石破茂前地方創生担当相らも参加した。

JA長野中央会の雨宮会長から説明を受ける小泉農林部会長ジビエカーで捌いたシカ肉のステーキ。シカの骨を赤ワインで煮込んだソースをかけている。

 今回のパネル展示では深刻化する農産物への鳥獣害の実態とともに、山で処理できる移動式解体処理車(ジビエカー)やJA長野県グループの取り組みが紹介されている。同県では今年6月から一部のAコープ店でシカ肉などを販売している。
 小泉部会長は、雨宮勇JA長野中央会会長から「足くくり罠」の説明を聞き、またジビエカーを製造した長野トヨタ自動車の西澤久友部長の話にも耳を傾けた。ジビエカーをトヨタが造ったと知ると「トヨタがトラクターやコンバインを作ればいい。競争のない農機業界の新規参入をどうするか考えている。そうか、農業機械にトヨタを。実に分かりやすい」などとはしゃぎ気味に話していた。
 その後、全中の奥野長衛会長、雨宮会長とJAビル地下にあるJA全農の直営レストラン「ラ・カンパーニュ」へ。シェフでNPO法人日本ジビエ振興協議会の藤木徳彦理事長からジビエカーで捌いたシカ肉などの説明を受けて試食、「本当においしい。まったく臭みがない。長野の山の味がしますね」などとしばし懇談。
 懇談の最後、「農業改革もシカのように軽やかに、イノシシのように猪突猛進、まっしぐらにがんばるエネルギーをもらいました」と小泉部会長。奥野会長がこれにはすかさず「ワナにかからんように...」、さらに雨宮会長も「できるだけ私どももワナにかからないように、と」と返すと、小泉氏は「うまいなあ。これがまさに農業改革にさまざまに立ちはだかる猛者たちの現れですね」などと応酬。
 雨宮会長は「やるべきことはやろうと思っている。地域の組合員のみなさんにとって、今までは、あってよかった農協だったが、今後は、なくては困る組織として認識してもらうことが重要。ぜひご理解を」と締めた。

   ◇    ◇

自民党ジビエ議連会長の石破茂氏と事務局長の小里泰宏氏も視察に訪れた。 同日夜の試食会には石破茂自民ジビエ議連会長も参加し「ここ数年でジビエが広まった。解体処理車もできて、今後、何を食べてもおいしいとなればもっと広まる。自然の恵みを生かして将来は山が元に戻っていくような農林水産業でありたいし、その一翼を担っていきたい」などと話した。
 この展示会は10月末まで行われている。
(写真)JA長野中央会の雨宮会長から説明を受ける小泉農林部会長。自民党ジビエ議連会長のの石破茂氏と事務局長の小里泰宏氏も視察に訪れた。ジビエカーで捌いたシカ肉のステーキ。シカの骨を赤ワインで煮込んだソースをかけている。

(ジビエの関連記事)
家庭で鹿肉料理 調理ポイントを紹介 日本ジビエ振興協議会 (16.10.13)

ジビエにあう長野の果物販売 ミノーレ (16.10.12)

ジビエの現在を展示 10月ミノーレ (16.10.03)

飲食店向けジビエセミナー開く (16.09.02)

移動式解体処理車が稼働へ-日本ジビエ振興協議会 (16.08.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ