農政 ニュース詳細

2018.03.05 
農水大臣賞は旭川の江丹別蕎麦部会一覧へ

・全国そば優良生産者で各賞決まる

 (一社)日本蕎麦協会は3月2日、「平成29年度全国そば優良生産表彰」の農林水産大臣賞など各賞を決定し、発表した。表彰式は3月22日、東京・千代田区の如水会館で行われる。

 これは、国産そばの生産を奨励し、消費者へ良質なそばを安定的に提供するため、低コスト化や品質向上などの面で模範となる生産農家や生産集団を表彰し、その成果を広く紹介、普及するのが目的で今回で29回目となる。表彰事業を通じて、6次産業化やブランド化、地域のそば振興のモデル化などの成果が生まれている。
 今回、農林水産大臣賞を受賞したのは、北海道旭川市の江丹別蕎麦部会。収穫量や作付面積はもとより、排水対策、専用肥料の開発や品質向上への取り組みなどに創意工夫があったこと、生産意欲の向上につながる諸施策が評価された。
 大臣賞に選ばれた江丹別蕎麦部会のおもな概要は次の通り。

 
◎品種など:キタワセソバ(94kg/10a・1等)
◎作付面積:433.0ha(田146.4ha、畑288.6ha)
◎収穫量:40万7165kg
◎労働時間:10aあたり9.254時間
◎生産費:10aあたり3万27円
◎経営上の割合:玄そば販売・製品(99%)、平均1万2096円/45kg、玄そば販売・二番(1%)
◎出荷状況:JAあさひかわ
 そのほかの受賞者は次の通り(敬称略)。

 
▽農林水産省政策統括官賞:渡邉茂(栃木県栃木市)
▽JA全中賞:農事組合法人ゆいっこの里・犬草(岩手県紫波町)
▽日本麺類業団体連合会会長賞:武田修ダイドー農場代表取締役(長野県朝日村)
▽全国蕎麦製粉協同組合理事長賞:照井勝也西部開発農産代表取締役
▽日本蕎麦協会会長賞:農事組合法人松尾営農組合(岐阜県関ケ原市)および同法人くりばる(大分県九重町)
▽同協会奨励賞:そば研(秋田県羽後町)、鶴形そば製造(秋田県能代市)、青木茂和青木農芸代表取締役・廣瀬秀月(茨城県八千代町)

 

(関連記事)
そば収穫量18%増加(18.02.16)
豊穣の秋を祝い「アグリフェスタ」開催 JAながの(17.10.18)
開発中の高速高精度汎用播種機で現地検討会 農研機構・アグリテクノ矢崎(17.09.12)
SNSで話題! 「育てるサラダ」にヤクミ登場(16.05.17)
【地域からの提言】命・環境・文化の母胎 守る農業こそ本命(15.07.21)
健康第一の農村づくりへ 高山拓郎・JA松本ハイランド(長野県)専務(15.01.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ