FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農林業 就業者5万人減 完全失業率2.8% 0.1ポイント低下 総務省2022年4月26日

一覧へ

総務省は4月26日、2021(令和3)年度の労働力調査結果を公表した。年度平均の完全失業率は2.8%と前年度に比べて0.1ポイント低下した。

2021年度平均の完全失業者数は191万人で前年度にくらべて8万人減少した。

就業者数は6706万人で前年度にくらべて4万人増加した。男性は14万人減の3704万人、女性は18万人増の3002万人となった。

コロナ影響からの回復も

増加したおもな産業はコロナ禍を反映し医療、福祉が18万人増加し892万人となった。そのほか、情報通信業が14万人増の259万人、学術研究、専門・技術サービス業が8万人増の255万人などとなった。

一方、休業者数は211万人で同51万人減少した。

コロナ禍の影響を受けた2020年度は休業者が宿泊業、飲食サービス業で前年度より18万人増え32万人となったが、2021年度は7万人減少して25万人となった。

卸売業、小売業も2020年度は休業者が10万人増えて32万人となったが、2021年度は8万人減少して24万人となった。

2021年度の平均就業率は60.5%と前年度に比べて0.3ポイント上昇した。

正規の職員・従業員数は3594万人と19万人増加した。男性は2万人増加し2358万人。女性は16万人増加し1235万人となった。
一方、非正規の職員・従業員は2077万人で3万人増加した。男性は3万人減少し656万人、女性は7万人増加し1422万人となった。

農業・林業の194万人で対前年度より5万人減。男性が119万人、女性が75万人だった。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る