左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
2・PC:朝日アグリア・エコレット
2・SP:朝日アグリア・エコレット

直接支払いで再生産へ配慮を 日本生協連が意見書2023年6月1日

一覧へ

日本生活協同組合連合会は基本法見直しに関する意見書を野村哲郎農相に提出した。そのなかで生産者への直接支払いで再生産に配慮し、価格とのバランスを図るよう求めている。

意見書のなかで、再生産が可能となる条件を整えていくことは重要だとしながら、内外価格差が大きいなかで再生産に必要なコストを単純に価格転嫁すれば、「かえって国産農産物の支持が低下することも懸念される」と指摘、「財政支出に基づく生産者への直接支払い等を通じ、国内農業生産の強化や再生産への配慮と、消費者の食料アクセスに配慮した価格とのバランスを図ること」を求めている。

また、国内農業生産の強化については、多様化する消費者や実需者のニーズに行われることが必要だとして、「品種や生産技術の開発・改良から計画的生産、集荷・保管・出荷、加工、流通、消費に至るバリューチェーン全体での連携・協力が重要」と強調し、基本法の見直しで農業者と流通・小売など事業者との連携強化を補強するよう求めた。

米については日本で唯一100%自給が可能な穀物として安定的に生産されるよう「意欲ある担い手への支援を中心に水田稲作の生産構造を強化」していくことを求めている。

そのほか持続可能な農業・食料システムへの転換、人口減少のなかでの農村の維持・発展のため日本型直接支払いや森林環境税による生態系サービス支払いなどの施策の補強、重要品目ごとの自給率目標など消費者が参画するための分かりやすい目標の設定などを求めている。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る