食品流通 ニュース詳細

2015.01.19 
コンビニ・カウンターコーヒー大幅に伸びる一覧へ

清涼飲料調査 富士経済

 (株)富士経済は、清涼飲料の国内市場の動向を調査(47品目)し、その結果を「2014年清涼飲料マーケティング要覧No.2」にまとめた。

 この調査では、最需要期である夏商戦の結果を踏まえた2014年の市場分析を行うとともに、注目12カテゴリーの市場動向について整理しているが、そのなかで注目されるものを以下に紹介する。

 

◆CVSカウンターコーヒー 53%増

 CVSの店内でコーヒーメーカーを使用して提供されるコーヒーで、缶コーヒーの購入は少ないがカフェなどでコーヒーメニューの飲用機会が多い女性層や若年層の開拓に成功し、拡大を続けている。
 2013年までは各チェーンでメニューや価格展開などで独自性が追求されていたが、14年は最小サイズで100円(税込)への集約が進んでいる。また、チェーンによっては価格を下げたことも寄与し、14年は販売杯数が大きく増加。また、後半からは駅ナカCVSの販売も始まり、通勤客を中心としたユーザーの獲得が期待され、市場は13年比52.8%増の1756億円が見込まれる。
 CVSの導入率は90%程度に達するとみられ、今後は急激な成長は落ち着くため15年は13年比68.0%増の1930億円が予測されている。

 

◆炭酸水 そのまま飲む「直飲み」として定着

 09年ころから各メーカーからペットボトル容器での投入が相次ぎ、アルコールの割材としてだけではなく、家庭向け需要も取り込んで市場が拡大。また、市販用での「直飲み」提案が奏功し、甘さ離れが進んだユーザー需要を取り込んでいる。
 13年はCVSや量販店がPB商品を拡充し認知度が高まり、12年比17.9%増の211億円。14年は13年比5.2%増の222億円となっている。

 

◆トクホ(特定保健用食品表示認可)飲料

 14年は既存商品の好調に加え、新商品が引き続き投入され、さらにボリュームゾーンの乳性飲料が伸び、14年は13年比13.2%増の2429億円が見込まれている。


(関連記事)

シリーズ、食のマーケットは

【シリーズ・食は医力】第67回 風邪の季節に備える(2014.11.21)

【JA全農がめざすもの】第3回 燃料部・太陽光発電支援事業(2014.10.02)

でん粉需要7万トン増 製紙用伸びる見込み(2014.07.16)

【シリーズ・食は医力】第62回 目薬より体調管理(2014.06.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ