食品流通 ニュース詳細

2018.07.26 
客単価上昇し22か月連続で売り上げ増 外食産業6月実績一覧へ

 (一社)日本フードサービス協会(JF)は、協会会員社を対象とした外食産業市場動向調査平成30年6月度の集計結果をまとめた。

 6月は土曜が1日多い曜日周りに加えて、全国的に平均気温が高く、関東甲信地方では月末に梅雨明けするなど晴れの日が多く客足にプラス。さらに高付加価値メニューや価格改定による客単価の上昇が売上げを下支えし、全体売上は103.3%と22か月連続して前年を上回った。
 業態別の動向は次の通り。

 

【ファーストフード】
全体売上は104.3%と前年を上回った。「洋風」は追加トッピングを訴求したキャンペーンが好調で、客数・客単価が上昇し、売り上げは105.0%と好調をキープした。「和風」は、季節メニューの好調と価格改定等で客単価の上昇が続き売上は104.4%。「麺類」は店舗増で売上は101.1%となった。「持ち帰り米飯・回転寿司」は価格改定等のよる単価上昇などがあり売上は105.8%と上昇した。

 

【ファミリーレストラン】
全体売上は102.6%と前年を上回った。「洋風」はフェア商品や高付加価値メニューなどが客単価を押し上げ売り上げは101.8%と前年を上回った。「和風」は主力メニューの改定などで客単価が上昇し売上は100.1%と前年並みを確保した。「中華」はキャンペーン効果が継続し客数が増加し、売上は105.2%と前年を大きく上回った。「焼き肉」は週末需要が大きい業種だが、土曜日が増えたこともあり客数が増大し売上が107.0%と19か月連続して前年を上回っている。

 

【パブ・居酒屋】
「パブ・ビアホール」はサッカーW杯で大幅に集客した店舗もあり、売上は104.2%と前年を上回ったが、「居酒屋」は店舗減少や他業態との競争が継続し売上は96.9%と前年を下回った。

 

【ディナーレストラン】
大型商業施設への新規出店や新メニューによる客層開拓で客数が増加し売上は105.5%と好調だった。

 

【喫茶】
初夏のフードメニューやスイーツ、冷たい飲料などが好調で客単価が上昇し売上は102.5%となった。

 

(関連記事)
【熊野孝文・米マーケット情報】業務用米増産に走る新潟県(18.07.24)
マーケティングとは「お客様づくり」 JA全中と全農がマーケティング講習会開催(18.07.02)
晩生で多収の新品種「あきあかね」を育成(18.06.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ