JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

山梨県ブランド鶏「甲州地どり」100%の鶏肉削り節「武田節」発売2021年2月3日

一覧へ

「はじめの一歩 地どりのうえ田」など飲食店を展開する(株)うえだグループ(山梨県甲府市)は2月9日、山梨のブランド肉、甲州地どりの胸肉のみを原料に使った鶏削り節「武田節」(たけだぶし)を発売。初回生産数は1000袋限定で、同社の飲食店舗やオンラインショップで販売する。

山梨県ブランド鶏「甲州地どり」100%の鶏肉削り節「武田節」発売

「甲州地どり」は、山梨県生まれの地鶏で、約4か月と一般の鶏の2倍以上の時間をかけて、広い農場で飼育される。放し飼いで十分に運動させることで引き締まった肉質は歯ごたえがあり、肉の旨味が濃厚。飼育期間が長いこともあり、100グラム単価が270円~280円程度と通常の鶏肉より高いブランド鶏肉だ。

鶏削り節「武田節 」は、その甲州地どりの魅力を全国に向けて発信するため、原料供給元の甲州地どり生産組合の協力を得て開発。味の違いをよりわかりやすく感じられる「削り節」は、特許製法を持つ工場に製造を依頼し、甲州地どり本来の濃厚な旨味を最大限生かせるよう加工した。鰹節の代わりに使って、料理をグレードアップさせたり、鶏節を贅沢に使った出汁は様々なスープにも使える。「鶏削り節 武田節」は50グラムで参考小売価格は2190円(税別)。

甲州地どり甲州地どり

【甲州地どり節「武田節」】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る