人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

植物性代替肉の市場規模 2027年に123億2000万ドルと予測2022年2月22日

一覧へ

グローバルインフォメーションは2月17日、市場調査レポート「植物性代替肉の世界市場:原料別、タイプ別、製品別、地域別見通し、産業分析レポートおよび予測(2021年~2027年)」(KBV Research)の販売を開始した。

植物性代替肉の市場規模 2027年に123億2000万ドルと予測

同レポートによると、植物性代替肉の市場規模は、2027年には123億2000万ドルと予測されている。

植物性代替肉は乳製品のような非動物性製品から作られた肉の一種で、肉の代替品。肉または肉ベースの製品を摂取したくない人々のために、本来の肉の選択肢と同様の種類の栄養を提供する。植物性代替肉のかなりの部分は、大豆やグルテンベースの製品から作られている。

植物性代替肉は、熱可塑性押出成形と繊維紡糸という2つの簡単な方法によって加工されている。熱可塑性押出成形は、植物性代替肉を加工するためにメーカーが採用する最も一般的な方法で、大規模生産に対応できる費用対効果の高い方法。繊維紡績法は、低コストで植物性代替肉を作るという考えとは相反する製造コストがかかる。

鶏肉、牛肉、豚肉、魚介類など幅広い種類の植物性代替肉が入手可能なことが、世界中の消費者の間でこれらの製品が高い人気を博している要因となっている。さらに植物性代替肉市場では、製品のイノベーションとマーチャンダイジング戦略が増加しており、市場の成長に拍車をかけると予想される。

糖尿病や肥満など、多くの疾患の症例が増加していることから、低カロリー・高タンパク質の食品に対する需要が急増し、予測期間中に植物性代替肉の成長を加速させるとみられる。

植物性代替肉の健康効果に関する認知度の向上

植物性製品のトレンドの高まりは、果物、豆類、野菜、ナッツ、種子をより多く摂取する動機付けとなっている。さらに、植物由来の製品には健康上のメリットがあるため、より多くの消費者が植物由来の製品に関心を寄せている。

動物性食品を大量に摂取すると、心臓病、2型糖尿病、肥満、癌など食生活に関連する病気になることが、いくつかの研究で示唆されているが、植物性食品の摂取はそのような病気を引き起こすことは少なく、人々にとってより健康的で人気のある選択肢となっている。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る