Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【TPP】自民党議連、基本方針の提示求む2013年6月25日

一覧へ

 自民党の議連、「TPP交渉における国益を守り抜く会」は6月24日に総会を開き、政府に対して、TPP交渉に臨むにあたり「国益を守り抜くとの基本方針を早急に示すこと」などとする決議を採択した。

 日本は7月のマレーシア会合の終盤にTPP交渉に参加する見通しとなっているが、同議連の決議では「3月15日の安倍総理によるTPP交渉参加表明の記者会見以降、わが国政府の情報開示や意見聴取は十分とは言い難く、政府がどういう方針に基づき、どのように交渉に臨むか、まったく不明」だと指摘した。
 また、米国との事前協議では自動車分野などの大幅譲歩で、「わが国が攻める『手札』の多くを事前に失い、極めて厳しい交渉を強いられるおそれがある」としたほか、安倍内閣の成長戦略のなかで、医療、農業、雇用などの分野で規制緩和の議論が行われていることに、「この方向でわが国の経済・社会を律するのではないか、TPPについても妥協を重ねるのではないかと、懸念を抱くに至っている」と強調した。
 そのうえで、
(1)交渉に臨むにあたり[1]農林水産品における関税[2]自動車等の工業製品の数値目標等[3]国民皆保険、公的薬価制度[4]食の安全安心の基準[5]ISD条項[6]政府調達・金融サービス業、に関して国益を守り抜くとの基本方針を早急に示すこと
(2)収集した情報について国会、国民に迅速かつ丁寧に開示するとともに、国民、関係団体からの意見聴取を十分に行うこと
(3)国益の確保ができないと判断した場合は、交渉からの脱退も辞さないこと
を求めた。
 森山裕会長は「本当に国益が守れないとなったら、脱退も辞さない、と腹を固めるべきだ」と強調した。事務局長の山田俊男参議院議員は「安倍総理の記者会見はあったが、政府として交渉方針は示されていない。早急に示すべき」と指摘した。


(関連記事)

GDP1兆3000億円減 鈴木教授のTPP影響試算(2013.06.19)

銀座でTPPの危険性訴え JA東京中央会など(2013.06.17)

【TPP】農業・食品の除外こそ国益 鈴木教授(2013.05.24)

【TPP】全産業で10.5兆円減 大学教員の会試算(2013.05.24)

【TPPで農業はどうなる?】TPPと北海道農業と日本の食料のゆくえ(2013.03.29)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る