農政 特集詳細

特集:緊急企画:許すな!日本農業を売り渡す屈辱交渉

2018.10.09 
日米の新たな通商交渉について【小林光浩・JA十和田おいらせ代表理事専務】一覧へ

 我々、地域の農業者・農協は、TPP11加盟によって地域農業・農村がますます衰退することを危惧しています。ですから日本がTPPに加盟した今でも納得しているわけではありません。
 しかし、政府がTPP加入では、日本の農業・農村が元気になる政策を確立するという言葉を信じて我慢しているのです。
 そして、これまでアメリカについては、TPP以上の農業犠牲を伴う通商交渉には応じないで、TPPにアメリカを加盟する方向を支持するという言葉を信じてきました。
 それなのに、今回の新たな日米通商交渉をすすめる政府の姿は、国民を騙す行為にしか見えません。完全な裏切り行為だと思います。
 従って、新たな日米交渉には反対であり、その交渉で(1)農業者を裏切る結果となること、(2)日本農業や農村がこれ以上衰退すること、なによりも(3)日本の食料自給率向上の邪魔となること、これらの3点を内容とする交渉は断じて認めるわけがなく、そんな政府を支持する気持ちもありません。

 

(TAGに対する緊急特集の最近の記事)
農業者を愚弄するんじゃねえ!【時田則雄】
トランプの狙いはTAG(日本語)という名のFTA(英語)でTPP以上を実現すること【谷口信和・東京大学名誉教授】
止めるしかないTPP超え必至の交渉【磯田宏・九州大学教授】
これは「トランプ(T)、安倍(A)のごまかし(G)」だ【国民民主党・玉木雄一郎代表】
国民とTPP11参加国への裏切り【田代洋一横浜国大・大妻女子大名誉教授】
きちんと説明を【阿部勝昭・JAいわて花巻代表理事組合長】

 

この特集の記事は下のまとめページからご覧ください。
TAGに対する緊急企画「許すな!農業を売り渡す屈辱交渉」のまとめページ

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ