野菜・果物 ニュース詳細

2019.04.12 
生産者受け取り価格は小売価格の47.5%一覧へ

 農林水産省は、平成29年度の食品流通段階別価格形成調査(青果物調査)を行いその結果を公表した。

 生産者の青果物全体の出荷先別販売金額の割合は、集出荷先団体(農協など)が71%と最も多く、次いで卸売市場が11.8%と合わせて全体の約8割を占めた。続いて消費者に直接販売が7.8%、小売業4.3%、食品製造業2.4%、外食産業0.7%だった。
 調査対象の青果物16品目の小売価格に占める、生産者受け取り価格と流通経費の割合を試算したところ、生産者受取価格は47.5%、流通経費は52.5%となった。
 同時に、生産者が集出荷団体に販売した価格(1万2022円)を基に、生産者の出荷先別の生産者受取価格と流通経費の割合を試算。消費者に直接販売した場合の生産者受取価格は1万1761円で小売価格に占める割合が80.1%。小売業に販売した場合は1万3982円で小売価格に占める割合は77.5%となった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ