農薬 ニュース詳細

2015.04.09 
雑草生物情報データベース化 農研機構一覧へ

 農研機構は7日、研究者と農業現場が相互に情報を発信・共有できる「雑草生物情報データベース」を公開した。雑草の種類ごとの分布状況や防除方法などを知ることができ、利用者からの情報がデータベースに蓄積できる。

 このデータベースは、一般的な雑草の防除管理情報を集めた「雑草情報検索システム」に加えて、最近大きな問題になっている雑草を対象にした「雑草剤抵抗性雑草検索システム」と「外来雑草早期警戒システム」の3つのシステムから構成されている。
 調べたい雑草の種名が分からない場合でも、写真画像や形態的特徴による検索が可能。農研機構内の「生態的雑草管理プロジェクトポータルサイト」で公開している。

(関連記事)

ダイズのリン酸施肥削減へ 共生微生物を活用(2015.03.13)

新たな機能性表示制度を国産農産物の需要拡大に(2015.03.09)

農地の放射線をすばやく測定 農研機構(2015.02.12)

飼料用サトウキビを中心に未利用資源で発酵飼料を 農研機構(2015.04.06)

米粉パンの新品種開発 西日本向きの「こなだもん」(2015.04.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ