野菜・果物 ニュース詳細

2019.01.31 
野菜嫌いの子供が最も多い県は? カゴメが全国意識調査実施一覧へ

 カゴメ(株)は、1月31日「愛菜の日」に合せ、3~12歳までの子どもを持つ母親4382人に全国意識調査を行った。

 厚労省が発表した平成29年「国民健康・栄養調査」では、成人1日の野菜摂取量の平均は288.2gで、目標の350gを下回り野菜不足は深刻な問題だという。同社は「トマトの会社から、野菜の会社に。」というビジョンを掲げ、野菜摂取の重要性について情報発信しているが、今回も興味深い調査結果を発表した。

 

野菜嫌いの子どもが多い都道府県別ランキング(嫌い・計)

上の図表をクリックすると大きな図表が表示されます。

 「子供が野菜を好きかどうか」という問いに対し、子ども自身が「嫌い」、と答えた割合が高かったのは1位が神奈川県(37.4%)、2位が富山県(37.1%)、3位が鹿児島県(35.5%)だった。神奈川県は、嫌いな野菜の品目数も平均6.8個と1位になるなど、ほかの県に比べて野菜嫌いの子どもが多い結果となった。

 

朝食で野菜をとらない都道府県別ランキング(上の図表をクリックすると大きな図表が表示されます。)

 一方、「野菜が好き」と答えた子どもが多かったのは、1位が山形県(67.2%)、2位が福島県(60.9%)、3位が山梨県(60.8%)となった。山形県は「朝食で野菜を採らない」と答えた人も最も少なく(29.0%)、「家庭菜園をする、野菜やハーブを育てたことがある」、「保育園や学校で野菜を育てたことがある」という経験をしたことが神奈川県の割合を上回るなどという結果が出た。
 この結果から、料理研究家・栄養士の浜田陽子氏は「子どもの野菜嫌いは主に2つの原因があり、ひとつは"味"や"食感"、"香り"などが原因でシンプルに野菜を美味しいと感じないこと。もうひとつは環境が原因でなんとなく野菜が嫌いだと思い込んでしまっていること。まずは野菜の味に慣れさせ、少量でも野菜を食べることができた!という自信をつけさせることが大事」だとアドバイスしている。
 カゴメは今後も"ニッポンの野菜不足ゼロ"を目指し、様々な取り組みを行っていく。

 

(関連記事)
なにわの伝統野菜「難波葱」を販売 JA大阪南など(19.01.18)
2019年1月の野菜 安値水準の見込み(18.12.28)
平成最後の野菜総括 タキイ種苗(18.12.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ